ふりげ.net

無料ゲームアプリの紹介や攻略



DQ3 追憶の賢者 SP☆5 無凸装備で攻略

DQ3 追憶の賢者 SP☆5 無凸装備で攻略

超高難度 DQ3イベント 追憶の賢者 SP☆5 無凸のみで攻略

パーティ構成

  • バトルマスターLv55
  • レンジャーLv55
  • 賢者Lv55
  • 賢者Lv55

対策

カンダタ&子分×2・やまたのおろち・バラモス&ブロス・ゾーマの4連戦になります。 それぞれが相当に強く、かなりの長期戦になりますので、自宅で落ち着いてプレイすることをおすすめします。 (私のやり方だとクエスト開始からクリアまで2時間弱かかりました)

過去最高の難しさなので、消費アイテムも大量に必要になります。 世界樹の葉・魔法の聖水は限界を超えて持っていないと厳しいでしょう。 連戦のためタスクキルで最初からやり直すということもできませんので(1戦ごとの戦闘前の状態には戻れます)、入念に準備した上で挑みましょう。

1戦目が物理・2戦目がメラ・3戦目がイオ・4戦目がヒャドと、それぞれ別の対策が必要になってきます。 しかし連戦のため途中で編成を変えることができないので、部分的に妥協しなくてはなりません。 今回は全属性耐性である程度全体的に対策しながら、最後のゾーマ戦をメインに対策していくことにしました。

装備・こころ・ステータス

装備1 装備2 装備3 装備4

今回さすがに☆4縛りだと物資が足りないので、SP☆5装備の無凸のみ使用可能という条件で挑戦しました。

1人目: メインアタッカーのバトルマスター。ゾーマに有効な武器がSP武器だと雷神の槍しかありません。 槍が得意武器でマヌーサ対策の不撓不屈も使えるため採用。

2人目: レンジャー。ジバリカ・ジバリーナ・猛毒付与・縛り狙い・アイテム係など色々こなします。 守りに回りながらダメージを与え続けられるジバリア系呪文は今回も役立ちました。

3,4人目: 賢者。回復2は必須です。タクト2本でも回復が間に合わない場面があるので、ユグドラシル以下だと相当に厳しそうです。

全員に「受け流しの構え」を使える盾を装備。適当な装備が無い部位はゾーマ耐性のついているアリアハン装備を使っています。

こころ1 こころ2 こころ3 こころ4

1人目: デイン火力を盛りつつ、ドラゴスライムで全属性&ブレス耐性を確保してみました。

2人目: ジバリカ火力特化。激ドラゴンSの心珠のサブ効果にジバリア+7%がついています。

3,4人目: 癒しの風の回復量を増やしつつ、耐性を確保。

ステータス1 ステータス2 ステータス3 ステータス4

今回このステータスでクリアしたのですが、行動順が安定せず危険な場面が何度かありました。 しかしこれ以上素早さを増やして他を犠牲にしても、かえって苦しくなる可能性もあるので難しいところです。

戦闘の流れ

ジバリーナ うけながしのかまえ

1戦目、カンダタ。 ジバリーナを仕掛けて受け流しの構えで痛恨を反射しながら耐える作戦でやってみました。

猛毒のダメージ タナトスハント

受け流しの構えを使ったキャラに痛恨が来ると、100%回避できる上に少しダメージを与えられます。 しかし効果は1回のみで、攻撃が来なくても1ターンで切れます。

全員で使えば割と安定するのですが、ジバリーナを使った時や2回連続で同じキャラに攻撃が来ると崩れてしまいます。 次のターンに蘇生行動をとったキャラは当然受け流しが使えないので、結構グダグダになりました。 私はこの方法で突破しましたが、もっと良い方法があるかもしれません。

子分撃破 カンダタの命乞い

カンダタ1体になると行動パターンが変わり、痛恨→命乞い(全体休み)の固定行動になります。 受け流しを採用したため守りの盾が使えませんでしたが、 バイキルト状態でなければ1発は痛恨に耐えられますし、2ターン連続で休みを食らうことも無いのであまり影響はありませんでした。

雷光さみだれ スラミチ回復

単体相手には雷光さみだれ突きが刺さるので、ここまで来れば楽勝です。 HP/MPを回復して次戦へ。スラミチ回復の回数が限られるので途中からはアイテムを使っていくことになります。

フバーハ ブレス

2戦目のおろち。フバーハを切らさないようにしていれば回復が余裕で追いつくので、最も楽な戦いです。

フバーハ ブレス

激しい雄叫びで回復役が行動不能になると危険になりますが、それでも立て直せないほど攻撃がきついわけでもなく、 デインもよく通るので比較的短時間で決着しました。

バラモス兄弟 イオラ

3戦目のバラモス兄弟。2体でイオラを連発してくるシンプルなつらさです。 今回ゾーマ対策がメインな構成だったので、厳しい戦いになりました。

ジバリカ 猛毒

イオラ×2に対して癒しの風×2では回復が追いつかないので、レンジャーもアイテムを使ったり防御でダメージを減らす必要があります。 幸い猛毒が入り、ダメージも大きいのでジバリカとヴァイパーファングで毒をかけた後はひたすら耐えます。

未確認ですがブロスがザオラルを使うという情報があったので、先に右から倒すのが良さそうです。

ジバリカ 猛毒

ヴァイパーファングの猛毒付与率もあまり良くありませんし、 はやぶさ斬りを使っても大したダメージが出ないので長い間耐えなくてはいけません。 世界樹の葉も惜しみなく投入してギリギリの戦いでした。

1体撃破 杖殴り

なんとか1体倒すとターンあたりの被ダメージが半分になるので一気に余裕ができます。 回復1人で間に合うターンは杖殴りでMPを回復し、物資を節約。

捨て身 バラモス撃破

捨て身を使う余裕もでき、3戦目を突破!

ゾーマ戦 サイコキャノン

いよいよラストのゾーマ戦です。 1ターン目は必ずサイコキャノンが来るので防御でダメージを半減させます。

1人目は素早さが追いつかずまともに食らってしまいました。ゾーマ耐性で少しダメージが軽減されていますが、それでも瀕死になります。

雷光さみだれ ジバリカ

ゾーマは守備力が高く、弱点の雷神の槍ですらこの程度のダメージしか出ません。HPも高く長期戦になるため、耐久型のパーティでないと倒すのは難しいでしょう。

吹雪 早めの回復

HPの高いうちは攻撃の手が緩く、杖で殴る余裕もあるほどです。 しかし後半に備えて早め早めの回復をしていきます。

魔力集中 サイコキャノン

魔力集中の次のターンは必ずサイコキャノンが来るので、全員で防御して攻撃に備えます。

不撓不屈

マヌーサを高頻度で使ってくるので物理アタッカーは対策が必要です。 この点でもアタッカーはバトマスが安定だと思います。(王者の剣があれば魔法戦士も良さそうです)

影縛りには耐性があるのか、1度も入りませんでした。ゾーマ戦でレンジャーはジバリカ要因以外はあまり活躍できません。

サイコキャノン その後の攻撃

ある程度ダメージを与えると行動パターンが変化し、死絶の美学(ヒャド属性ランダム対象連撃)を使い始めます。 耐性をかなり積んでいても相当なダメージを食らうので後半は一気に難度が上がります。

世界樹使用 マヌーサ

ここまできて負けたくないので世界樹の葉も惜しみなく使用。 攻撃は激しくなりますが、相変わらずマヌーサや凍てつく波動も使ってくるので焦らずチャンスを待ちます。

防御 最後の一撃

後半はとにかく安定重視で立ち回り、回復役は暇なターンは防御して死絶に備えます。 時間はかかりましたが、地道にダメージを与えていき撃破!

今回物資の消費量を記録し損ねてしまいましたが、 道中での回復分も含めると魔法の聖水が30本程度、世界樹の葉が10枚程度だと思います。若葉・特薬草・天使の鈴などもいくつか使っています。 これまでのクエストとは段違いに消耗が激しいので、覚悟が必要です。

撃破後の感想

長い戦いでした…。試行錯誤しながらのクリアなので効率の悪い部分もありますが、 物資が大量に必要で再挑戦するのも大変なので、これで出します。

おそらく今回は王者の剣が無いときついバランスになっています。 ゾーマ特攻を持っている前提の調整だと思いました。 しかし頑張ってなんとかクリアできたので、これから挑戦する方の参考になれば幸いです。

人気ブログランキング

↑ ランキング参加してます。1日1回押してもらえると励みになります!





投稿前にコメント取扱方針をお読みください。


利用者は当サイトの記事に自由にコメントすることができます。 ただし以下のコメントは管理者が予告なく削除できるものとします。

  • 法令に違反するもの
  • 未成年にふさわしくないもの
  • 他者に不快感を与えるもの
  • その他、管理者がふさわしくないと判断したもの

コメントを投稿した際に利用者のアクセス情報は記録されます(IPアドレス・端末情報等)。 悪質な利用者は管理者が自由にアクセスを制限できるものとします。

記録した情報はこの目的でのみ利用し、第三者には開示しないものとします。

投稿したコメントを利用者の意思で削除したい場合は、問い合わせフォームよりご連絡ください。