ふりげ.net

無料ゲームアプリの紹介や攻略



カンダタLv30 ☆4装備&助っ人無しで攻略

カンダタLv30 ☆4装備&助っ人無しで攻略

強敵カンダタLv30を☆4装備で倒した方法

パーティ構成

  • 魔法戦士Lv50
  • レンジャーLv55
  • 賢者Lv55
  • 賢者Lv55

対策

子分がバイキルト・ルカナンを使い、カンダタが強力な攻撃を繰り出してきます。 3体とも状態異常がよく効くので今回はバイキルトをマホトーンで防ぎながら子分を早めに倒す作戦にしました。 デイン属性が弱点なので、☆4の中では優秀なツインスワローを使って全体に効率よくダメージを与えていきます。

カンダタの攻撃は全て物理攻撃なのでスカラが有効です。 しかし防御無視の痛恨も使ってくるので併せて最大HPの高いこころでカバーします。

助っ人システムを利用できるのでロトの剣や王者の剣を装備した助っ人を呼べばより楽に攻略できるのですが、 今回は難度が低めなので助っ人は未使用で挑戦してみました。

商人の街ボーナス

商人の町の道具屋を発展させるとカンダタ戦でボーナスが付くのですが、最初の数ターンで効果が切れるため影響はさほど大きくありません。 本攻略時点では会心ガード発動率+30%、カンダタへのダメージ+15%がついていました。

装備・こころ・ステータス

装備1 装備2 装備3 装備4

魔法戦士とレンジャー2人にツインスワローを装備させています。 魔法戦士はバイシオン・フォースブレイクでサポート、レンジャーで影縛りを狙いながら火力を出す構成にしています。

後衛は定番のユグドラシル2本です。

こころ1 こころ2 こころ3 こころ4

魔法戦士はサポートが中心なので、最大HPと身の守りが高いもので固めて壁役も兼ねています。 レンジャーも痛恨に耐えられるようHPの高いものを中心に構成しました。

後衛の賢者はマホトーン用にりゅうおうとマジカルハットを装備。 りゅうおうはステータスの高さにMP回復もあって強かったのですが、マジカルハットは大分ステータスが落ちてしまうので微妙でした。

ステータス1 ステータス2 ステータス3 ステータス4

最大HP・身の守りが重要です。 カンダタの痛恨が通常時420、バイキルト時600前後のダメージなので、それに耐えられるHPを確保しておくと安定します。

戦闘の流れ

スカラ1 スカラ2

助っ人なしで戦闘開始。レンジャーは最初から最後までシャインスコールで攻撃していきます。 4凸でロトの印の強さもあり、なかなか良いダメージを出してくれます。

マホトーン 行動不能

魔法戦士はバイシオン、賢者は2人でマホトーン。 子分へのマホトーン成功率は7割前後だと思われます。(調査時69/100成功)

子分は呪文を封じられていても唱えようとして1ターンパスになるので非常に効果的です。

フォースブレイク狙い 強化された攻撃

その後は賢者は回復優先で余裕のある時にスカラ、魔法戦士はフォースブレイク狙い。 強化した攻撃でHPをゴリゴリ削っていきます。

バイキルト 痛恨 1人死亡 若葉使用

マホトーンは効果を上書きできないので切れると同時にバイキルトされることがあります。 この状態だとかなりダメージが増えてしまい、回復が忙しくなります。

痛恨はなんとか耐えたものの、直後のオノむそうで死亡。ここはレンジャーが道具使用で立て直します。

子分撃破 ビッグシールド 痛い 耐えきり

そして子分2体を同時撃破。 カンダタ1体になると余裕ができますが、バイキルトが残っていたので一旦攻撃の手を止め、ビッグシールドと防御でやり過ごします。

効果切れまで耐えて攻撃再開。

痛恨 若葉

しかし攻撃UPなしでも痛恨が連続すると回復が追いつかず、若葉2枚目。

デイン斬り 杖殴り

前衛後衛共にMPが切れかけましたが、稲妻斬りと杖殴りのMP回復で聖水はケチって勝利。消費アイテムは世界樹の若葉2枚のみでした。

撃破後の感想

これまでの強敵と比べるとだいぶ易しめな印象ですが、大型イベントの序盤なのでライトユーザー向けの調整なのかもしれません。

今回は状態異常が有効なので、HPさえ確保できれば色々やり方があると思います。普段諦めている方も挑戦してみてはいかがでしょうか。





投稿前にコメント取扱方針をお読みください。


利用者は当サイトの記事に自由にコメントすることができます。 ただし以下のコメントは管理者が予告なく削除できるものとします。

  • 法令に違反するもの
  • 未成年にふさわしくないもの
  • 他者に不快感を与えるもの
  • その他、管理者がふさわしくないと判断したもの

コメントを投稿した際に利用者のアクセス情報は記録されます(IPアドレス・端末情報等)。 悪質な利用者は管理者が自由にアクセスを制限できるものとします。

記録した情報はこの目的でのみ利用し、第三者には開示しないものとします。

投稿したコメントを利用者の意思で削除したい場合は、問い合わせフォームよりご連絡ください。