ふりげ.net

無料ゲームアプリの紹介や攻略



セルゲイナスLv30 ☆4縛り攻略

セルゲイナスLv30 ☆4縛り攻略

あくま大王襲来イベント ☆4装備のみでセルゲイナスLv30撃破

パーティ構成

今回全力装備だとあまりにも簡単にクリアできてしまったので、☆4装備のみで挑戦してみます。

セルゲイナスの弱点はドルマ・イオ・メラとなっています。 中でもドルマ属性に特に弱くなっており、☆4に適当な武器もありませんので、攻撃手段はドルクマに決めました。 攻撃2・回復2で考えると賢者4が理想でしたが、育成が済んでいないので妥協して僧侶1・賢者3の構成で挑みます。

対策

全体攻撃呪文のヒャダルコ・マヒャドが強力ですが、マホトーンには耐性があり全く入らないので、こちらのヒャド耐性を盛ることで対処します。 斬撃に関しては全員スカラを使用できるので、余裕があれば使用していきます。

また、HPが約7万と長期戦になるため、MPの確保も重要になります。

装備・こころ

装備1 装備2 装備3 装備4

正月イベント装備の獅子舞・金獅子の頭にヒャド耐性が少しあるので気休め程度に装備しています。 アクセサリーは悪魔の尻尾(悪魔耐性+3%)の他はHPと防御重視。

メインアタッカーには現イベントのメダルで交換できるあくまのムチを4凸して装備しています (悪魔系へのダメージ+5%・呪文ダメージ+12%)。

残りの3人は癒しの風を使用できるようにユグドラシルを装備。

こころ1 こころ2 こころ3 こころ4

パーティの役割としては、前の2人が回復役、3人目は一応いやしも使える攻撃役、4人目がメインアタッカーという感じです。

基本的には役割に特化したこころ構成ですが、回復役にヒャド耐性とHPを同時に確保できるホークブリザード・回復力と耐性にドラゴスライムを装備しています。

MPの確保も重要で、ひとつめピエロのMP回復・ヘルバトラーの高MPはかなり有用でした。

戦闘の流れ

スカラ 攻撃

まずは魔力覚醒とスカラを使っていきます。 元の守備力が低いのでスカラの上からでも結構なダメージを受けてしまいます。

ドルクマ1 ドルクマ2

魔力覚醒後のドルクマのダメージは、それぞれ1000と1400程度です。 少し物足りなく感じますが、山彦や魔力暴走での上乗せがあるので期待値はもう少し上がります。これで地道にダメージを与えていきます。

防御 いやし

基本的に2人で回復していけば問題ないのですが、長期戦になるため余裕のあるターンは防御したり、 できるだけ癒しの風ではなくベホイミで済ませたりとMPを細かく節約していきます。

ヒャダルコ 痛恨

攻撃が結構ばらけるので後衛職でも意外と持ちこたえられます。

聖水使用 HP黄色

MP枯渇を見越して早い段階で余裕のあるうちに聖水を使っていきます。

かけ直しに手が回らなくなってきたのと、ターゲットがばらけてあまり効果的ではないように思えたので途中からスカラはやめました。

戦闘開始12分でようやくHPが黄色になりました。

ヒャダルコ 痛恨

まだまだ先は長いので、十分なMPを確保しておきます。

ヒャダルコ 痛恨

更にHPが減ると行動パターンが変化し、マヒャドを使ってくるようになります。 ダメージが増えてユグドラシル2本では回復が追いつかず、3人目もサポートに回しました。

HP赤

開始20分でHPが赤に。 アタッカーが1人になってしまったので思うようにダメージが与えられませんが、回復優先で地道に戦います。

死亡 若葉

痛恨とマヒャドが重なり、ついに死者が出てしまいました。 このターンはアタッカーも攻撃の手を止め、若葉→回復×2で立て直します。

全員ベホイミが使えてターンの終わりにはほぼ全快できるので、すぐに復帰できます。

最後の一撃 クリア

聖水を消費しながら攻撃のチャンスを待ち、最後はドルクマが暴走して勝利。30分かけてようやく倒すことができました。

消費アイテムは世界樹の若葉2枚、魔法の聖水9本でした。

撃破後の感想

上級職はやはり強く、このような装備でもクリアできる程度の能力があります。 基本職のこころ3枠ではHPや耐性を確保するのが難しいので、装備が整っていても苦戦するかと思います。

イベントの難易度が段階的に上がってきているので、今後は上級職が前提のバランスになりそうです。 個人的にはまだ物足りないので、期待して待っておきます。





投稿前にプライバシーポリシーをお読みください。



Λ